2017年09月06日 16:31

人間にとって「美」の基準は、性的魅力とは別枠なのかしら?

みちるさんの詳しい手術経過を聞かせてもらって、いろいろと参考になったわ。

男性と女性の骨格の違いや顔の造作の違いって、やっぱりホルモンの影響によるものよね?

そうすると、早い時期からホルモン注射をすれば、男性であっても女性的な顔つきになっていくものかしら?

女性ホルモン注射によって男性器が小さくなったり胸が膨らんできたりといった体型の変化はよく聞くけど、顔の造作まで変化するとしたら、ホルモン注射恐るべし!だわ。


ところで、私が「美青年」とか「美人」と感じる人の顔って、結構中性的な顔立ちが多いのよ。

男でも顔が小さくて目が大きかったり、女でもシャープな輪郭や涼しげな目元だったりね。

つまり男と女の間にあるような顔を私は「美しい」と感じる。

極端に男っぽくてゴツゴツしてたり、極端に女っぽくふっくらした顔は、私の中では「美」ではないのよ。

これって私だけの個人的な好みの問題なの? 

それとも多くの男女に「中性的な顔」を「美」と感じる傾向があるの?


男っぽい顔や女っぽい顔は、確かに、「セクシー」だと言われる。

ただ、「セクシー」と「美」って違うじゃない?

ゲイは「男っぽさ」に欲情するから、一重まぶたでごつい顔立ちが好まれたりするけど、彼らはそれを「美しい」と感じているのかな。

あるいは、巨乳好きの男性が多いのは、やっぱりそこに「女性ホルモンの潤沢さ」を感じ取ってるんだと思うけど、あまりに大き過ぎるオッパイは「美しい」とは言えないじゃない?


生き物がセックスの相手を選ぶ時に、より優秀な遺伝子を持っていそうな個体を選ぶのは、理屈的によくわかるの。

で、そういう相手を「好もしい」と感じるところから「セクシー」とか「美しい」とかいう感覚が生まれるんだと思うけど、だとしたら「セクシー」と「美しい」はイコールになるはずよね?

なのに必ずしも「セクシーな顔」=「美しい顔」とは限らないのは何故だろう?

人間にとって「美」の基準は、性的魅力とは別枠なのかしら?

だとしたら、人間の「美の基準」って、どこから生まれたのかしら?


もちろん「美の基準」は時代や文化によって変わってくるから、「普遍的な美の基準」なんてものは存在しないわよね。

昔はふくよかな女性が美しいとされてたけど、今はスリムな体型が美しいとされる。

ルノワールの裸婦なんて、ただのデブにしか見えないもんね。

でもやっぱり「美」って、理屈じゃなくて感覚だと思うから、「性的魅力」とは切り離せないはずだと思うのよ。


みちるさんの整形後の顔は、確かに女性として美しいと感じるけど、それは「男性的記号」がなくなったから、という単純な問題なのかという疑問が残る。

なーんてことを、いろいろ考えてしまいました。


答えにくい質問だったらスルーしてくれていいわよ!

私ひとりで考え続けるから(笑)。


東京都新宿区新宿4-3-15 レイフラット新宿2階
タカナシクリニックは新宿南口、新宿新南口より徒歩5分高島屋すぐそば。


予約 03-5366-8920
火〜金:11:00〜14:45、15:45〜19:30
土曜:12:00〜14:45、15:45〜19:30


休診日:日曜日、祝日、月曜日




 



 
この記事へのコメント
いままで持ってこなかった見方だったので興味深かったです。
Posted by ゆうき at 2017年09月25日 09:57