2013年09月12日 18:31

免疫グロブリン大量療法_高梨真教

うさぎさんの現状の報告です。



病気の確定診断には至っていませんが、確定診断がつくまで、何の治療も行わないという訳ではなく、ステロイドパルス療法を1クール施行してみて、著名な効果がなかったとの事で、病院の科全体で検討した結果、免疫グロブリン大量療法を行う運びとなり、水曜日から数日間かけて点滴で、免疫グロブリンを入れています。



免疫グロブリン大量療法は、ギランバレー症候群等の自己免疫疾患に対して行われる治療法のひとつです。

ギランバレー症候群に適合しない検査結果があるにせよ、まだ確定診断に至っていないので、非典型的な可能性も考えての治療になったのかと思います。



まあ、一言で免疫グロブリン大量療法と言っても、何千人分の献血の中から分離された免疫グロブリンなので、うさぎさん当人も、それに関しては思うところあるかもしれません。

(ヒト生物製剤のひとつであり、感染リスクはほぼ無いに等しいが、輸血するようなものに等しいので。)



また、効果は1日〜2日で出てくるものではないかもしれません。



新たな展開があれば、随時アップします。





タカナシクリニック



予約 03-5366-8920

火〜金:11:00〜14:45、15:45〜19:30

土曜:12:00〜14:45、15:45〜19:30


休診日:日曜日、祝日、月曜日





当ブログは次のランキングサイトに参加しています。



人気ブログランキング



整形・プチ整形ブログランキング