作家中村うさぎさんと、タカナシクリニック睛院長が美容整形について、体験談、術後経過等々リアルタイムに更新中!

2007年02月14日 13:06

豊胸_中村うさぎ

前回も申し上げたとおり、私は、巨乳の人々を羨ましく思ったことはあるものの、自分の貧弱なオッパイにもさほどコンプレックスを持っていなかったのである。



ところが「豊胸」手術を受けてみて、初めて気づいたよ。

オッパイがあるってことは、女にとって、なんて誇らしいことなんだぁーーっ、と!



まず、着る服が変わったね。

胸の深く開いたドレスやタンクトップは絶対に着なかった(つーか、着れなかった)のに、そーゆーセクシー路線のファッションを好んで身につけるようになった。



要するに、自慢なのよ。

ほらほら、見て!」って気分なのよ。

四十代のババアの胸の谷間なんぞ見せつけられて、他人がどんなに迷惑しようが、知ったことか。



私が見せたいの!

私が自分の胸を見せびらかしたいの!



誰にって?



男じゃねーわよ!

世の中のすべての貧乳女によ!

そう、「昨日までの私」のような女たちにね!



要するに私は、己の貧乳にコンプレックスを持っていなかったのではなく、密かに持ってはいたものの、それを認めるのが悔しかっただけなのだ。



だからこそ、人並みのオッパイになった途端、世の中の貧乳女たち(すなわち、昨日までの自分)に、自慢したくて仕方なくなったってワケ。



浅ましいわねぇ。

でも、素直に嬉しかったんだもん。



その浅ましさに対する自己嫌悪すらフッ飛ぶほど、私は本当に晴れ晴れと嬉しかったの。

これって大事よ。

自分の身体にメスを入れるからには、これくらいの快感がなくっちゃ!



今でも私、自分のヌードを鏡で見るたび、「オッパイ、綺麗〜」と惚れ惚れしちゃう。

腹はブヨブヨで最悪だけど、オッパイだけは若い娘みたいに素敵。

整形なんだから、当たり前よね。



でも、整形の良さって、まさにここよ。

天然巨乳より形がいいんだもん!



ただ、触り心地は硬くて最低。

これは私がマッサージを怠けたからなの。

皆さんは、くれぐれも気をつけてね。





20070214b 20070214a 20070214c

施術前_中村うさぎ







20070214e 20040214f 20070214d

施術後_中村うさぎ





今回の記事が参考になった方は

コチラをクリックしてご協力ください。

人気blogランキング

豊胸

豊胸
  


Posted by takanashi_clinic at │Comments(5)