作家中村うさぎさんと、タカナシクリニック睛院長が美容整形について、体験談、術後経過等々リアルタイムに更新中!

2007年03月28日 14:23

二重まぶた・目もと_高梨教真

目頭切開」は、目と目の間隔を近づけようとする時と、二重の型を平行型にしようとする時、目の横幅を拡げようとする時に行う手術なんです。



うさぎさんは、目と目の間隔も広くなかったし、蒙古ヒダもなかったから必要じゃなかった。





この「目頭切開」ってのが、その人の第一印象をけっこう変える。





うさぎさんが書いていた通り・・・。



目と目の間隔が広いと、女性的・若い・優しい・多少バカっぽい・エッチっぽい印象になる。

目と目の感覚が狭いと、男性的・キレイ・冷たい・知的な印象になる。





手術を受ける患者さんの年齢や、仕事によってはやらないほうがいい場合だってある。



だって若いホステスさんとかなら、男が口説き易い雰囲気のある子の方が、売り上げが上がったりするんだし、目が大きくて派手さが出ても、素人っぽさがなくなったりするしね。





20070412a

目頭切開法術前



20070412b 20070412c

目頭切開法術1週間後





うさぎさんもキツイ顔立ちになったけど、やっぱりキレイになったと思うもん!



先日、見た目は美しい方が良いが、やっぱり中身も肝心なんだなぁって・・・、うさぎさんの5年間を見てきて良くわかった・・・。なんて言ったけど、最近、20歳以上も年下の男にハマって「ウキウキ」している、うさぎさんを僕を含めた周囲の皆が見て焦っている・・・。



男ほしい」って言い続け、中々実現しなかったのは性格の性だと思っていた、あのうさぎさんですら、「ウキウキ」して楽しそうだんだから、自分も「ウカウカ」してらんないぞって気持ちを周囲の皆が持ち始めた!



うさぎさんって変な影響力持ってるよね!!!





他の参考記事はコチラからお探しください!

人気blogランキング

二重まぶた・目もと

二重まぶた・目もと
  


Posted by takanashi_clinic at │Comments(0)