作家中村うさぎさんと、タカナシクリニック睛院長が美容整形について、体験談、術後経過等々リアルタイムに更新中!

2016年04月29日 12:00

岡本夏生は自分の真意が理解されないことに傷ついちゃうんだと思う。

人格障害の定義が「他者の評価と自己評価の乖離」だとすると、他者の評価によって自己評価がころころ変わる「自己愛性人格障害」はその逆じゃないかって気がするんだけど、どうだろ。


私が自分を「自己愛性人格障害」じゃないかって感じるのは、まさにこの「自己評価が安定しない」点なのよ。

常に他者の評価を気にかけるあまり自己評価が安定しない自分に気づいているから、他者の評価に振り回されないように、あえて「褒められても調子に乗るな、貶されても心穏やかに批判を受け止めろ」と己に言い聞かせてるのよね。

私のことを「褒められても喜ばないヘソ曲がり」と思ってる人は多いだろうけど、それは私が「褒められても喜ばない」ように自分を律してるうちに身についちゃった習性なの。


厄介な女でごめんなさいね(笑)。


厄介な女といえば、私以上に厄介な印象を与えるのが岡本夏生だと思うけど、彼女と私の共通点は「自分ルール」に固執する部分だと思う。

その「自分ルール」は本人的には筋が通ってるんだけど、人に理解してもらえないことも多々あって、「変な人」とか「気難しい」と思われてしまう。

タカナシは私をよく知ってるから、私が「自分ルール」で生きてることはご存じよね。


たとえ人格障害であっても他人に迷惑かけなければOKというタカナシの意見には全面的に賛成な私だけど、ただ、どこまでを「迷惑」と考えるかは、国や個人の価値観に大きく左右されると思うんだ。

たとえば「和をもって尊し」とする日本では「場の空気を読む」ことまで要求されるけど、私や岡本夏生のように「心にもないことを言うのは不誠実」という自分ルールの人にとっては、場の空気を読んだ言動はしばしば自分ルールと衝突しちゃう。

相手の顔色や場の空気を察して心にもないことを言うのが、とてつもなく苦しいのよ。

自分の中のツッコミ小人が「今、嘘ついたな! おまえは媚び媚びの偽善者だ!」って糾弾してくるからね。

住んでる国によっては、もしかすると私や岡本夏生は「正直な人」と言ってもらえるのかもしれないけど、日本では単に「場の空気も読まず、ズケズケと言いたい放題の迷惑な傍若無人女」になっちゃうわけ。

ま、私はそのへん開き直ってるけどね。

岡本夏生は自分の真意が理解されないことに傷ついちゃうんだと思う。

その気持ちは、私、すごくわかるのよ。


今回の岡本夏生をめぐる騒動で、私はつくづく、自分が芸能人じゃなくてよかったわ〜と思ったわよ。

まぁ、どっちみち芸能の才能は皆無の私だけど、これで歌がうまかったりして歌手なんか志望して芸能界に入ってたら、この世界ではとてもじゃないけどやっていけないわね。

言っちゃいけないことが多過ぎるし、場の空気やら人(事務所も含め)の顔色やらを窺いまくる才能が何より要求される業界なんだわ。

そしてみんな、それが美徳だと思ってる。
私にとってはそんなもの美徳でも何でもなく、単に媚びと欺瞞の塊にしか見えないけどね。


たぶん岡本夏生もそういうのが嫌いなんだと思うけど(彼女は「真実」にこだわる人だからね。「真実はただひとつ」が口癖だし)、彼女のようにしがらみを嫌って事務所にも属さず自由な立場で物を言うと、ふかわりょう氏から「使えない食材」呼ばわりされちゃう。

私もふかわりょう氏には「大人じゃない」と言われたけど、「大人の定義って何よ?」と逆に訊きたいわ。

人の顔色見て場の空気読んで、薄っぺらな言葉を吐き続けること?

自分の発言がもとで騒動が起こったら頬っかぶりしてだんまりを決め込むこと?
私は自分の発言に責任を取る人こそが「大人」だと思うな。

正々堂々と公の場で自分の発言の意図を説明せんかい!と思うのは、私が子どもだからでしょうか?


ま、ここのブログで長々とこんな話をしても、読者の皆さんは退屈かもね。
ごめんなさい。


話は変わるけど、私、医者の指示を無視して勝手にステロイド服用をやめちゃったら、身体中に湿疹ができて痒くて痛くて大変だったのよー。

しかもヘアカラー剤にもかぶれちゃって、耳が化膿してこれまた大変なことに!

一昨日、タカナシでステロイドの塗り薬と炎症を鎮める薬をいただき、現在はかなり落ち着いてきたわ。

これは医者の言うことをきかなかった私の自己責任だから、この場を借りて東京医科大付属病院のI先生にお詫びいたします!
勝手にステロイドやめちゃってごめんなさーい!


でもさ、ステロイドにしても抗がん剤にしてもそうだけど、副作用の強い薬を飲み続けるか、薬をやめて病魔に侵され続けるか、これは最終的には患者本人が決めることだと思うのよ。

だって自分の身体だもんね!

私はステロイドの副作用が耐えられなくて病魔を選んじゃったわけだけど、あの原因不明の病気がいつぶりかえすか、不安じゃないと言ったら嘘になるわ。
まぁ、湿疹は想定外だったけどさ(笑)。


入院中に心肺停止した時、あまりにも楽に死にかけたので、あれ以来、「希死念慮」がつきまとい続けてる。

「病気ぶり返してもいいから早く死にてぇ!」みたいな気分がずっと心の隅にあるの。

でも、湿疹ごときの痒みにも耐えられなかったんだから、また病気がぶり返して全身強張って痛くて動けなくなったら、「ステロイド飲んどきゃよかったー」って後悔するのかもね。

ま、それはそれで自己選択の結果だから受け容れるけどさ。

とりあえず、タカナシには感謝です。

処方の塗り薬のおかげで、耳から血と膿を垂らしながら暮らさなくてよくなったもんね。

ありがとーーー!!!!



人気ブログランキング
整形・プチ整形ブログランキング
タカナシクリニック
スタッフガチブログ
マッド高梨のガチブログ
中村うさぎオフィシャルサイト


東京都新宿区新宿4-3-15 レイフラット新宿2階
タカナシクリニックは新宿南口、新宿新南口より徒歩5分高島屋すぐそば。

予約 03-5366-8920
平日 11:00〜20:00
土曜 13:00〜19:00


   


Posted by takanashi_clinic at │Comments(0)