作家中村うさぎさんと、タカナシクリニック睛院長が美容整形について、体験談、術後経過等々リアルタイムに更新中!

2016年08月24日 16:30

たとえ人並みに歩けなくても、綺麗でいたい気持ちは変わらないわ。

足が悪いためについつい引きこもり生活を続けていたら、麻痺が進行したのか筋力が落ちたのか知らないけど、ますます歩行が困難になって「これじゃいかん!」とようやく奮い立った私です。
このままじゃ、マジに車椅子に逆戻りよ!


んで、タカナシ院長に紹介状を書いてもらって警察病院の整形外科の先生に診てもらったんだけど「これは整形外科ではなく神経内科の領域だね」と言われてしまった。

そうか、てっきり腓骨神経麻痺か坐骨神経麻痺だと思ってんだけど、三年前に私を苦しませたあの病名も確定してない病気のせいかよ!

通院していた東京医大付属病院に出戻る羽目になって、なんか悲しい。


あ、でも紹介状書いてくれてありがとう。


警察病院の整形外科の先生は、治療はできないと突っぱねたものの、足の変形を矯正するための装具は作ってくれることになったの。

数週間後にその装具が出来上がれば、今よりは歩けるようになるんじゃないかと期待してるんだけど、どうなんだろうね。


運動しようにもあまりにも体力がなさ過ぎて、ちょっと近所の定食屋に行っただけで息切れがひどく、しばらく寝込んでしまう始末よ。

マジでEMSでも使わなきゃ筋力回復は無理みたいな気がする。

歩いたり体操したりで筋力回復するには体力が無さすぎるの。

警察病院のリハビリ施設の使用も断られちゃった。

要するにリハビリじゃ治らないってことみたい。


私の足はこのままどんどん歩けない方向に行っちゃうのかな。

病名も確定してない神経の病気じゃ治療しようもないもんね。

病院を変えたら病名が判るのかしら?

それとも、どこに行っても同じなのかな。
鍼治療なんかも考えてるんだけど、どう思う?


昔のように普通に歩けるようになれるなら、何でもするわ。

ひとりではどこにも行けない状態は辛すぎるもん。

道行く人を見てても、自分の脚で歩けるだけで羨ましくて仕方ない。

五体満足って本当に素晴らしいことなのねぇ。


私はもういい加減に諦めて、この身体で生きていくことを受け容れなくちゃいけないのかもしれない。

ま、それはそれで仕方ないわね。


あ、そうだ!
こないだクリニックで、久々に写真を撮ったわ。
image

どう? かなりスッキリしたかしら?
こないだ食事した友人に「痩せたね」って言われた。
傷跡も目立たなくなったし、術後の経過は順調よ!

たとえ人並みに歩けなくても、綺麗でいたい気持ちは変わらないわ。

それって、世間的にはイタいことなのかしら?

そんなことないわよね。

障害があっても、女は女。

綺麗でいたいと願う気持ちに差はないはず。


たとえ身体が不自由でも、それが生きる支えになるなら、お洒落や美容をどんどん楽しんでいいと思うわ。

ね、そうでしょ?


東京都新宿区新宿4-3-15 レイフラット新宿2階
タカナシクリニックは新宿南口、新宿新南口より徒歩5分高島屋すぐそば。

予約 03-5366-8920
平日 11:00〜20:00
土曜 13:00〜19:00


   


Posted by takanashi_clinic at │Comments(0)